ヒビ考える

日々のニュース中心にあれこれ+同人誌即売会日記・ゲーム攻略

耳鳴り発症おじさん

2週間ほど前から左耳の耳鳴りに苦しんでおります。
もうね、頭がおかしくなりそう。

経過で言うとこんな感じ

2週間前の水曜日の夕方頃、作業してたら左耳が「ピー」と言う高音が聴こえだし外からの音が曇った感じになる

一時的な物かな?と思いつつ耳鼻科行くか迷いだす

以前行ってた耳鼻科は潰れたんで別のとこを探しだす

幸い近所のクリニックに耳鼻科があったんでそこを調べたら木曜日休診

金曜日になってもよくならないんで病院に行く

こんな感じ。
状況としては耳鳴り自体イマイチ原因がわからない物らしい。
目眩とか頭痛とかあればメニエール病とか明確に病名がなるみたいなんだけど、そういうのは幸いにしてない。

鼻の炎症が原因かもしれない程度しかわかんないので通気治療と薬を処方してもらう。
通気治療ってのは鼻にカテーテル突っ込んで空気送って耳抜きをするってやつ。
これは前にやった事あるけど慣れないなぁ

とりあえずその後の経過としては1週間くらいで音の曇りは無くなった。
あとずっと「ピー」って音が聞こえてたけど音が聞こえない時間も出来てきた。
でとしてはHDDのモーターが回ってるあの感じの音に変化した。

昨日薬がなくなったんで貰うついでにそこら辺を先生に言ったけど改善はしてるみたい。
でも継続して通院した方がいいって事になった。
中途半端にやると聴力が悪くなる可能性もあるんでしっかり治した方がいいらしい。

さてさてどうなるのやら…
コミケもあるし、めんどくさいんで家族にも言ってないし

ジョギングおじさんの1年

キッカケは去年のコミ1の後に行った皇居。

http://suisuidiary.blog12.fc2.com/blog-entry-2917.html

この時に相当疲れが出て「体力落ちてるなぁ」って痛感したのが1年前。
こりゃイカン!と思い鍛える事を決意する。
とは言え、本格的にするのもアレなんで「ウォーキング程度でええわ」とやり始める。

5月(開始時)
とりあえず日常生活プラス散歩で足を慣れさせる。
マラソン選手も休養明けは足を慣れさせるところから始めるってテレビで見たのを参考にする。
足をアスファルトの固さに慣れさせるのにフォームを気にしない散歩を30分程度でスタート。
3日散歩、1日(これを1サイクル)休むで習慣付けさせる。


6月
散歩の習慣ができたのでウォーキングをし出す。
フォーム作りから始める。

フォームは…、いくらでもサイト探せば出てくるんでググって。
姿勢と、腕を振るのではなく引く事を意識するのと、足を踵→つま先を意識する。
まずは2キロくらいからスタート、2サイクルして少し距離を伸ばすってのを繰り返す。


7月~8月
気温が高くなる時期ではあったけどボチボチ歩く。
だいたい早朝に10キロくらいウォーキングし出してた時期。

9月~11月
8月下旬頃から雨が多くなったのと、体調崩したり、頭の手術したりでそんなにウォーキングできなかった時期。
汗ダラダラになれないのでこの辺から筋トレを意識し出す。

11月
抜糸が終わってまたウォーキング再開。
1サイクルやってそんなに体力が落ちてない事に気が付く。
ウォーキング自体に飽きてきてたんで別の何かをやろうと前にテレビで見たスロージョギングをやり始める。
2週間くらいかけて色々試しながらフォームを作り出す。


12月
数年来悩まされてきた左足の股関節の痛みで通院しだす。
この件に関してはイマイチ原因はよくわかんないまま今に至る。
多分骨盤かなんかそこら辺の問題。

12月末
足底筋膜炎とか膝の周りが痛み出す。
スロージョギング自体はそこまで疲れないけど、筋肉にはダメージが蓄積してた感じ。
スロージョギングの危ないのはどこまでも走っていけそうな感覚になるんでオーバーワーク気味になってる事に気が付く。
あと知らない間に体力が付いてるので感じ方が変わってた。

コミケにはテーピングガチガチで行った。

1月
コミケ直前に2回風邪をひいてしまい、コミケ最中の2回目の風邪の高熱で2週間ほどぶっ倒れる。
その影響で免疫がやられて喉が炎症を起こし、右足の太股が膿む。

風邪でぶっ倒れたおかげで足底筋膜炎とか膝の周りが治る。

2月
オーバーワーク気味だったんで距離を抑え気味(6キロ程度)にして走る間隔も2日走って1日休むサイクルになる。
筋トレの間隔も毎日ではなく週2回程度にする(ライザップ方式)
スロージョギングに飽きてきたんでジョギングに切り替える。

なかなかフォームが掴めずひと月くらい悩みながら色々試行錯誤
ジョギングシューズなんか買ってみたりする。

3月~現在
体調崩したりしつつジョギングは継続中。
7キロくらい目安で調子を見ながら増やしたり減らしたり。

こんな1年でありました。
だいたい飽きてきた時点で運動強度が上がる。
次の更新ではジョギングしながら色々考察・分析した事を書いていこうと思う。

年末年始から今日までを振り返ってみる

先週はコミケだったような気がするのにもうあれから1週間・・・
高熱でずっとぶっ倒れています。
おそらくインフルエンザなので何があったか振り返ってみた。

12月30日・・・コミケ終了、寝不足だけど元気
12月31日・・・午前中に用事を済ませて昼過ぎに帰宅
問題はここから

12月31日(19時20分頃~)
テレビがツマランし疲れてたし早めに寝ようとする。
少しウトウトしてたら喉が重くなったような感じと身体がダルくて目が覚める。
新世界樹の迷宮2ストーリーモードのラスダン・ボスを倒しに行く
12月31日(23時50分頃~)
地震があったよね。
新世界樹の迷宮2のラスボスに1回全滅させられて、少し頭を冷やして対策して倒したのがこの時間。
年内にクリアできた。


1月1日 午前
年明けしても体調が悪くなってく感じがしたので眠れなくなる。
喉がドンドン痛くなる、熱はない。
眠れないのでPC点けてbiim兄貴のFF2RTAを見始める。
見終わってなんだかんだで朝の6時半頃に少し眠れた。

1月1日 午後

お昼ごろに寒くて目が覚める。
立川の方の人が「雪降ってる」と言ってたので外見たら少し降ってた。
動けるうちにお昼と水分補給用のポカリと文春セブンイレブン特別号の桜玉吉を立ち読みに行く。
ポカリはスーパーで買えば良いんだけど1日はご近所スーパーはお休みなので仕方なし。

1月1日 18時頃
ウトウトしてたら夢を見た。
内容は覚えてないけど自分が「何年か前の正月に39℃を体験してるから大丈夫」って言ったのだけは覚えてる。
喉の痛みは無くなって、悪寒と身体の痛みでいよいよヤバくなってくる。
この時点で38℃まで発熱。

1月1日 19時40分頃
東京MXでジョジョが始まる。
花京院がレロレロをやりだした頃に38.4℃になる。

1月2日
37℃→38℃→37.4℃→38.6℃→38℃
薬飲んで少ししたら熱は下がるけど寝て起きる度に38℃台になってた。
37.4℃の時に近所のスーパーに食料とポカリを買い込みに行く。

1月3日
夜中はずっと38℃台。
でも突然汗が出て36.8℃になる。

風邪薬が足りないのでドラッグストアまで買いに行く。
夕方頃に鼻水と咳が出だした。

1月4日
37.2℃まで下がってたけど37.8℃まで熱が上がってた。
インフルエンザなのでは?とか段々思えてくる。

1月5日
夜中に38℃出たけど日中は37℃台でどうにかなる。
咳が酷いのと鼻水が止まらない。


1月6日
前日とほぼ同じ。
5日の夜中で完全に山を越えたと思う。
平熱には遠いけど37℃台は動ける。

こんな感じの年末からの1週間。
おそらく症状からしてインフルエンザなんだろう。
でも年末年始は病院も閉まってたんで確かめようが無い。

インフルエンザの潜伏期間が1~2日みたいなんで、おそらく12月29日のコミケ1日目の入場待機列で貰った可能性が極めて高いと思う。
館内にはほとんどいなくてすぐ帰ったしね。
あの日は寝不足もあったし、そもそもそれまで体調悪かったし。
マスクはしてたけどまぁ限度がありますわな。

うん、年末年始はホントろくでもないって事です。
なんとなく記録に残してみた。

2月なので更新

なんとなく月初めくらいに先月のまとめみたいなの更新しようかな?とか思ったり。
続くかわからんけどもwww

1月は7割くらい体調が良くなかった気がする。
年末に食べたコンビニ弁当で調子が悪くなり、なんとなくそれが尾を引いてて物を食べると胃痛がする日々。
気持ち悪くなったり、胃痛で動けなくなったり、背中まで痛くなって寝る事もできなかったな。
胃痛と関係なく物を食べようが食べまいが下痢になると言う謎症状。
食べ過ぎとかなら理解するけど関係ないんだもん。
かなりやられた。

かなりやられたので先週から雑炊生活。
晩御飯は胃に負担がかからないように軟らかくした野菜とお茶碗半分のご飯を雑炊で食べる。
その他はスポーツドリンクと麦茶で水分補給。
なんとなく調子は戻ってきた気はする。
ただ体力は低下中w

あとは左手・腕の謎炎症。
医者も原因はよくわからんみたいだけど、消炎と保湿の塗り薬を塗る。
自分でも日常生活でチェックしてるけどよくわからん。
右手(利き腕)も同じようになるならわかるんだけど、右手はほとんど症状ないからなぁ
良くなったり悪くなったり一進一退。

それと頭痛ね。
緊張性の頭痛。
腕こり→肩こり→首こり→頭痛の見事なコンボ。

そんな感じの体調の悪い1月だった。
毎日こんなん続いてみ?
わりと絶望的な気持ちになるからwww


まぁそれは置いといてテレビとプレステ3を買いました。
10何年使ってるブラウン管テレビはもう限界でしょう。
加えて消費税増税もあるし、タイミング的にも色々押し迫ってるんで買い替え。
何を買うか悩んでる時は非常に楽しいんだけど、いざ物が届いて設定をいじる終えると飽きてきたな。
まぁテレビ番組が面白くないと言うそれだけなんだけど。
結局用途としてはプレステ3がブルーレイ・DVDの再生機+ゲーム、テレビはその出力装置なんだよね。
役割分担としてはテレビ番組を見るのがメインじゃないわけ。
とりあえずしばらくはスパイ大作戦を見るのに利用します。

明日はコミティアに行くんで2日連続で更新と言う奇跡!!

「艦これ」は「揚げないから揚げ」

さて1月もほぼ半分過ぎてコミケ以外では初めての更新。
っつうか最近まともに更新はしないのだけどもw

今年の目標は健康なのだけど、昨年末に2回コンビニ弁当でお腹の調子を悪くしてから完全にノックダウン状態。
胃腸の調子が非常に悪く9割がたやられてます。
思えば一昨年の年末からこっち左腕を痛めたりなんなりでずーっと身体の調子が良くない。
ちょろっと親に言ったけど勝手な解釈をしだすいつものメンドクサイ事を言い出したんでそれから特に何にも言ってない。

さて近況的な事は置いといてお題の「艦隊これくしょん(=以下、艦これ)」について。
僕が知ったのは去年の6月くらいかな?
コンプティークかなんかが艦これ特集やって手に入らなくて軒並み書店から消えたみたいなニュース読んでから。
で、コミケやらの方面でも盛り上がってるんでどんなもんか調べてたりしてた。
冬コミでエライ事になったのは周知の事ですね。
僕自身はやってないので実はどうのこうのいう資格はないんだけども。

そんで数日前に「シミュレーションゲーマーから見た艦これ」と言うコラムを読む

http://ch.nicovideo.jp/Kobe_Jun/blomaga/ar429678

自分が色々と調べて思ったのと似たように思った部分があって、それは「シミュレーションゲームから手間と面倒を取った」って部分。
僕も昔からコーエー作品が好きなんで戦略シミュレーションの面白さはメンドクサイ作業を行う部分である、って考えてたのね。
でも周りは「なんか難しそう」って敬遠するのを不思議に思ってたわけ。
艦これを家庭用ゲーム(PSVITAで出るみたいだけど)で面白いものにするにはメンドクサイ部分をドンドン追加していけばいくらでも面白くなりそうなんだけど、まぁそうすると敷居が上がって脱落者が出るだろうと。
その絶妙な部分を押さえてるのが流行の理由の一因なんだろうと考えた次第。

で、これなんかに似てるなぁって思ったのは「揚げないから揚げ粉」(レンジとかオーブンで作るやつ)
一見関係ないように思うけどから揚げを作るメンドクサイ作業を省いてるわけよ。
下味つけたり(時間がかかる)、片栗粉まぶしたり(洗い物+残ったらどうするか)、揚げたり(油の処理メンドイ)って考えると躊躇する。
でもスーパーの惣菜コーナーで買ったのを並べる手抜きはしたくない。
その絶妙な部分、調理をするんだけども躊躇する部分を減らした達成感みたいなのが似てるように思った。

このパターンは実際色々と流行ってるように思ってて、「香味ペースト」も同じであれを使うとそれなりに本格的っぽい味になるのね。
自分で合わせ調味料作ったりしなくてもチューブで出すだけで味がつく。
でもレトルトの箱に入ってるやつとは満足感が違う、みたいな。

あとやっぱり観測気球みたいな部分もあって、家庭用で売るマーケティングみたいな事にもなってんだろうと思う。
ユーザー数は把握できるし難易度の目安として見やすい。
メディア展開もあるだろうしそこら辺も含めてよく考えてるなぁっと思った。

ゲームなんてドンドン複雑にしてややこしいシステムにすれば面白くなる!ってのはまぁ古い考えなんだろう。
っと、ファミコン世代的に思うのであった。

まぁでもやってないのでとやかく言うのもあれなんで大いに勘違いしてる部分もあるのだろう。
文句あっても多めに見ていただけるとありがたいwww

FC2Ad