ヒビ考える

日々のニュース中心にあれこれ+同人誌即売会日記・ゲーム攻略

「艦これ」は「揚げないから揚げ」

さて1月もほぼ半分過ぎてコミケ以外では初めての更新。
っつうか最近まともに更新はしないのだけどもw

今年の目標は健康なのだけど、昨年末に2回コンビニ弁当でお腹の調子を悪くしてから完全にノックダウン状態。
胃腸の調子が非常に悪く9割がたやられてます。
思えば一昨年の年末からこっち左腕を痛めたりなんなりでずーっと身体の調子が良くない。
ちょろっと親に言ったけど勝手な解釈をしだすいつものメンドクサイ事を言い出したんでそれから特に何にも言ってない。

さて近況的な事は置いといてお題の「艦隊これくしょん(=以下、艦これ)」について。
僕が知ったのは去年の6月くらいかな?
コンプティークかなんかが艦これ特集やって手に入らなくて軒並み書店から消えたみたいなニュース読んでから。
で、コミケやらの方面でも盛り上がってるんでどんなもんか調べてたりしてた。
冬コミでエライ事になったのは周知の事ですね。
僕自身はやってないので実はどうのこうのいう資格はないんだけども。

そんで数日前に「シミュレーションゲーマーから見た艦これ」と言うコラムを読む

http://ch.nicovideo.jp/Kobe_Jun/blomaga/ar429678

自分が色々と調べて思ったのと似たように思った部分があって、それは「シミュレーションゲームから手間と面倒を取った」って部分。
僕も昔からコーエー作品が好きなんで戦略シミュレーションの面白さはメンドクサイ作業を行う部分である、って考えてたのね。
でも周りは「なんか難しそう」って敬遠するのを不思議に思ってたわけ。
艦これを家庭用ゲーム(PSVITAで出るみたいだけど)で面白いものにするにはメンドクサイ部分をドンドン追加していけばいくらでも面白くなりそうなんだけど、まぁそうすると敷居が上がって脱落者が出るだろうと。
その絶妙な部分を押さえてるのが流行の理由の一因なんだろうと考えた次第。

で、これなんかに似てるなぁって思ったのは「揚げないから揚げ粉」(レンジとかオーブンで作るやつ)
一見関係ないように思うけどから揚げを作るメンドクサイ作業を省いてるわけよ。
下味つけたり(時間がかかる)、片栗粉まぶしたり(洗い物+残ったらどうするか)、揚げたり(油の処理メンドイ)って考えると躊躇する。
でもスーパーの惣菜コーナーで買ったのを並べる手抜きはしたくない。
その絶妙な部分、調理をするんだけども躊躇する部分を減らした達成感みたいなのが似てるように思った。

このパターンは実際色々と流行ってるように思ってて、「香味ペースト」も同じであれを使うとそれなりに本格的っぽい味になるのね。
自分で合わせ調味料作ったりしなくてもチューブで出すだけで味がつく。
でもレトルトの箱に入ってるやつとは満足感が違う、みたいな。

あとやっぱり観測気球みたいな部分もあって、家庭用で売るマーケティングみたいな事にもなってんだろうと思う。
ユーザー数は把握できるし難易度の目安として見やすい。
メディア展開もあるだろうしそこら辺も含めてよく考えてるなぁっと思った。

ゲームなんてドンドン複雑にしてややこしいシステムにすれば面白くなる!ってのはまぁ古い考えなんだろう。
っと、ファミコン世代的に思うのであった。

まぁでもやってないのでとやかく言うのもあれなんで大いに勘違いしてる部分もあるのだろう。
文句あっても多めに見ていただけるとありがたいwww

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suisuidiary.blog12.fc2.com/tb.php/2435-4ecdca4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad